内反小趾で悩んでいるのなら靴にこだわろう|大事な足を守ってくれる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

体型を戻す

メジャーとバスト

妊娠、出産後の体型を元に戻すことは簡単ではありません。骨盤が開いていると改善は難しいので、産後専用のガードルを使って上手に改善していくことが大切です。選び方にもいろいろあるので注意しましょう。

Read

足の小指が内側に

女性

靴を変えるとよいことも

内反小趾とは、足の小指が内側に変形してしまった状態のことです。外反母趾は親指が特に変形する病気ですが、内反小趾では小指が特に変形するという特徴があります。その原因は、足に合わない靴を履いているのが主なものです。特に先が狭くつま先がとがったハイヒールなどをよくはく人に多く見られます。しかし、体質や歩き方にもよるため、ハイヒールを全くはかないという人でもなることはあります。男女でいうと女性に比較的多く見られる病気です。幅が広く足にあった靴に変えるだけで改善することもあるのが大きな特徴です。それでも痛みがあるときは、痛む部分にパッドを入れたり、足底板とよばれる板を入れたりすることで改善することが大半です。

痛みが続くときは病院へ

内反小趾は靴を変えたり痛む場所を保護したりするだけで改善することも多い病気です。しかし、かなり症状が進行している場合は手術などの大がかりな治療が必要となることもあります。症状が進行すればするほど治療にも時間がかかるため、痛みを感じるようならば早めに病院にいくことが必要です。特に仕事上、ハイヒールやパンプスをはく必要がある人は、つい我慢してしまいがちになりますが、むしろ早めの受診が必要です。行くべき科は整形外科がよいでしょう。近年では足の専門病院も登場してきています。もし足の専門病院が近くにあれば、そちらの方がおすすめです。歩き方なども含め、内反小趾について総合的に案内してくれるためです。靴の改善もきちんと行いましょう。内反小趾を悪化させないような構造になっている靴を選ぶのが重要で、足のアーチを支えるようなデザインの靴がおすすめです。

悩ましいいびき

ウーマンたち

寝ている間に側の人のいびきがうるさいと精神的にも苛ついてしまいます。健康のためにも人間関係の改善のためにも、いびき防止グッズを使っていびきを改善することが大事になってきます。

Read

自宅で温泉

婦人

入浴剤を入れることで自宅で温泉効果が得られます。低体温の人は改善のためにこういった入浴剤を活用するといいでしょう。入浴剤なら手軽にお風呂で使えますので、気軽に健康のための取り組みができます。

Read